結婚式直前に四川地震!花嫁姿でキャスターがレポート

net
2013年4月20日朝、中国南西部の四川省雅安市芦山県で発生した地震で、当日に結婚式を控えていた地元テレビの女性キャスターが、ウェディングドレス姿で中継取材を行うこととなりました。

このキャスターは地元テレビ局のチェン・インさんで、地震発生時は結婚式を控えて写真スタジオでメークを終えたところでした。地震を受けて、チェンさんはウェディングドレス姿のまま街頭に飛び出し、市民らにインタビューを開始しました。「自分がいる地域では負傷者は出ていない」などと自ら伝えたほか、雅安市が無事であるよう祈っているとカメラの前で話しました。

地元メディアによると、約10分間の街頭インタビューを終えたチェンさんは結婚式に戻って短い披露宴を済ませた後、再び取材に駆け付けたというから驚き。まさにキャスターの鑑ですね!