大規模フレアを観測!ラジオを一時不通にする強力な電磁波を発生

2017/09/18

2013年4月11日に太陽が起こした強力な噴火:フレアは地球に到達し、一時ラジオを放送をも妨害していたことが判明!

Strong Solar Flare Erupts Towards Earth | Video

今回のフレアをNASA(アメリカ航空宇宙局)は「中間レベル」と位置づけています。太陽は活動極大期に入っており、これらフレアの起因となっている太陽の活発化は2013年の後半に掛けて更に活発化する見通しとなっています。

article-0-1941C9CB000005DC-340_634x633

NASAの太陽ダイナミクス天文台は2013年4月11日に3:16 EDT、M6.5クラスのフレアを確認。4月11日に大きな噴火は、地球に届いてラジオの電波障害を引き起こしました。これまでのところ今年最大規模です。

article-0-1941C9C3000005DC-580_634x476

Mクラスの太陽フレアは、太陽が放つことができる最強のフレアであるXクラスフレアの約1/10程度の威力で通信の中断や壮大なオーロラディスプレイなど、地球近くの宇宙気象効果を誘発することができる最も弱い太陽イベントです。

article-2308109-1941C9C7000005DC-697_634x632
これらは、夜空のオーロラを見るには打ってつけかもしれませんが、人工衛星・宇宙飛行士などにも影響し、通信インフラ等に甚大なダメージ与えると懸念されています。

source