外国人旅行者に優しい国ランキング、最も優しくない国は?


世界経済フォーラムが、世界140カ国の旅行業界の競争力を比較したランキングをまとめました。

この調査は各国の観光インフラや施設の整備状況、自然資産や文化資産の充実度、治安状況などの項目を点数化して、さまざまなランキングに分類しています。

「外国人旅行者に対する国民の態度」のランキングで、外国人観光客に最も優しい国はアイスランドとニュージーランド、最も優しくない国はボリビアという結果に。

各国のスコアと順位は次の通り。

観光客に優しい国ベスト10

順位 国名 得点
01位 アイスランド 6.8点
02位 ニュージーランド 6.8点
03位 モロッコ 6.7点
04位 マケドニア 6.7点
05位 オーストリア 6.7点
06位 セネガル 6.7点
07位 ポルトガル 6.6点
08位 ボスニア・ヘルツェゴビナ 6.6点
09位 アイルランド 6.6点
10位 ブルキナファソ 6.6点

相対評価ではスイス、ドイツ、オーストリアを筆頭に、欧州の5カ国が上位を独占しています。

項目別に見ると、おもてなし度を7段階で評価した「外国人旅行者に対する国民の態度」のランキングでは、アイスランドとニュージーランドが共に6.8ポイントを獲得して首位。日本は6.2点で74位。

観光客に優しくない国ワースト10

順位 国名 得点
01位 ボリビア 4.1点
02位 ベネズエラ 4.5点
03位 ロシア 5.0点
04位 クウェート 5.2点
05位 ラトビア 5.2点
06位 イラン 5.2点
07位 パキスタン 5.3点
08位 スロバキア 5.5点
09位 ブルガリア 5.5点
10位 モンゴル 5.5点

一方、南米のボリビアは4.1ポイントで最下位。多くの観光客が訪れる韓国と中国も、モンゴルなどと並ぶ5.5ポイントで下位にとどまっています。

source